A・はじめの一歩

★世話人 工藤純子・近江屋一朗

 「個別の物語を」「登場人物に入れ込んで」「人を書くんだ!」……。「こんなことを言われても、よくわかりませーん!」という人はいませんか? そうなんです。これらはよく言われることではありますが、とても難しく、ベテランの作家でも悩むことなのです。
 そんな難しいことだから、一人で悩んでいたら、負のスパイラルに陥ること間違いなし。しかし仲間がいれば、そこから抜け出す手だてが見つかるかもしれません。
 「書く」ことは孤独との闘いですが、大会のこのときだけは、孤独ではないはず!
 苦手なことを吐き出したい人、何かをつかみたい人、何がなんだかわからない人も、「はじめの一歩」にどうぞ! 初心者からベテランまで歓迎します。
 子どもに向けて書きたい作品であれば、どんなジャンル、内容もOKです。
 まずは、書く。そこからはじめましょう。
 お待ちしています!

トップにもどる